2014年12月17日

土橋と願掛橋と惣門跡


福山城の北にはお寺がまとまってある。ぶらついていたら吉津川の鄙びた風景に出くわした。人通りはないし格好の散歩道である。ふと目に付いたのが赤い橋がある。「願掛橋」と銘打ってある。近くに「惣門跡」の案内版があった。吉津川に架けられている土橋は城下へ入る玄関口。福山城を防備する重要なところで橋の南詰めには惣門と番所を設け監視したとある。現在は川幅は狭まれ岸辺はコンクリートで固められている。このあたりは町人町の中心に位置づけられたようだ。川の南岸に大きな門と赤い太鼓橋があり、それぞれに「惣門番所」「願掛橋」という名がつけられている。昭和の後期に造られたもののようだ。
願掛橋そばの「惣門跡」を示す記念碑によれば江戸期の土橋の全長は十七間(約30メートル)。つまり現在の川幅は昔の約3分の1ほどである。土橋は願掛橋より少し西側に架かっている。付近は整備され、瀟洒な「Kazuoki Hirata Hall」が目を引くほか、土蔵倉がある。桜の時期には格好の場所となるようだ。
土橋
IMG_5629.jpg-4.jpg

惣門跡
IMG_5631.jpg-13.jpg

願掛橋
IMG_5627.jpg-10.jpg

「Kazuoki Hirata Hall」
IMG_5633.jpg-14.jpg

土蔵倉のある風景IMG_5636.jpg-15.jpg

鄙びた風景散歩道
IMG_5616.jpg-3.jpg

"クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 
posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。