2014年05月15日

H26年度 さとう大学 開講

佐東公民館で行われる「平成26年度さとう大学」の開講が昨日行われた。演題は「学びによって新たな人生の創造を」と題して、講師は生涯学習アドバイザー東 由水枝さん。47歳で広島文教女子大初等教育学科に社会人入学。その後広島大学大学院教育学研究科卒業というキャリアウーマン。
赤ちゃん学習から高齢期まで発達心理学をわかりやすく説明され、学習により多様な選択肢の中から、自分がどのように生きていきたいのか、選択できる能力を獲得することにより、「充実した人生と価値ある人生を送ることができる」と生涯学習の必要性を訴えられた。特に興味を引いたのは、 これまで、 知能は幼児期、学童期、青年期と発達し、20歳代でピークに達したあとは低下すると考えられていたが最近「流動性知能」という記憶や問題解決能力等は加齢とともに減退するが、「結晶性知能」という、一般的知識や判断力、理解力などで過去に習得した知識や経験をもとにして日常生活の状況に対処する能力は、60歳ごろまで徐々に上昇し、 その後は緩やかに低下するがそのレベルは20歳代に近い能力が維待されるという。従って、歳をとっても何かを学び習得することが十分可能であることを示している。
講義風景
IMG_1959.jpg-1.jpg

講師 東 由水枝さん
IMG_1960.JPG

「結晶性知能と流動性知能」
Scan_5月-15-2014-3-46-20-209-PM.png-2.png

"クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 
posted by せいちゃん at 21:00| Comment(1) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
せいちゃん様、私の拙い講座をしっかりと理解して
くださっただけでなく、ご自分のこれからの人生に役立てようとなさっていらっしゃること。
とてもうれしく、感動いたしました。講義風景まで
掲載していただき、恐縮です。

せいちゃん様から、しっかり応援していただいたので、これからも生涯学習に励み、新たな人生を送りたいと思いました。
ありがとうございました。
Posted by 東 由水枝 at 2014年05月30日 21:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。