2014年12月05日

小石川後楽園


小石川後楽園は、東京都文京区後楽一丁目にある都立庭園。江戸時代初期に水戸徳川家の江戸上屋敷内につくられた築山泉水回遊式の日本庭園(大名庭園)であり、国の特別史跡及び特別名勝に指定されている。
1629年(寛永6年)、水戸徳川家水戸藩初代藩主・徳川頼房が作庭家・徳大寺左兵衛に命じて築いた庭園を、嫡子の光圀が改修、明の遺臣朱舜水(朱之瑜)の選名によって「後楽園」と命名して完成させた。出典は『岳陽楼記』の「天下の憂いに先じて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」によっており、岡山市にある後楽園と全く同じである。7万平方メートル以上の広大な園内には、蓬莱島と徳大寺石を配した大泉水を中心に、ウメ、サクラ、ツツジ、ハナショウブなどが植えられ、四季を通じて情緒豊かな景色が広がる。また中国の文人たちが好んで歌った西湖や廬山も採り入れている。光圀は朱舜水を設計に参加させたといわれており、中国的、儒教的な趣好が濃厚である。訪れた時は紅葉の美しさが一段と鮮やか。日暮れが近いが、園内は人で溢れていた。
入口
IMG_5411.jpg49.jpg

特別史跡・名勝
IMG_5415.JPG

園内の紅葉
IMG_5416.jpg-48.jpg

IMG_5429.jpg-44.jpg

IMG_5424.jpg46.jpg

IMG_5433.jpg-43.jpg

IMG_5429.jpg-44.jpg

IMG_5437.jpg42.jpg

小鳥のシャッターチャンスを待つ
IMG_5420.jpg-47.jpg

改修工事
IMG_5440.jpg-41.jpg

石に番号札
IMG_5441.jpg40.jpg

"クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

六義園


造園当時から小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられていた。元禄8年(1695年)、五代将軍・徳川綱吉より下屋敷として与えられた駒込の地に、柳沢吉保自ら設計、指揮し、平坦な武蔵野の一隅に池を掘り、山を築き、7年の歳月をかけて「回遊式築山泉水庭園」を造り上げた。六義園は吉保の文学的造詣の深さを反映した繊細で温和な日本庭園。庭園の名称は、中国の古い漢詩集である「毛詩」の「詩の六義」、すなわち風・賦・比・興・雅・頌という分類法を、紀貫之が転用した和歌の「六体」に由来する。
庭園は中の島を有する大泉水を樹林が取り囲み、紀州(現在の和歌山県)和歌の浦の景勝や和歌に詠まれた名勝の景観が八十八境として映し出されている。明治時代に入り、岩崎弥太郎氏(三菱創設者)の所有となった当園は、昭和13年に東京市に寄付されて一般公開されることになった。昭和28年3月31日に国の特別名勝に指定された。この時期、ライトアップされるそうだ。訪れたとき、大道芸を楽しむことが出来た。

入口
IMG_5445.JPG

桜ともみじ
IMG_5448.jpg35.jpg

園内の紅葉
IMG_5452.jpg-32.jpg

IMG_5475.jpg-22.jpg

雪吊り
IMG_5459.jpg-29.jpg

園内の風景
IMG_5456.jpg-30.jpg

IMG_5467.jpg-25.jpg

IMG_5473.jpg-23.jpg

IMG_5454.jpg-31.jpg

大道芸
IMG_5482.jpg20.jpg


"クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。