2013年05月31日

山野草展


一昨日のテレビで西条の古民家を開放して、山野草の展示会があるという。ブログネタになるよとの家内の言葉に促されて車を走らせた。この展示は「草和会」発足10周年の記念行事。東日本震災復興支援を目的に入場料は全額中国新聞社を通じて贈られるという。山野草の丹精込めた作品に協賛として、盆栽、市松人形、木目込み人形なども多く出品されている。会場は新川健午氏宅をご厚意でお借りしているという。堂々とした大邸宅。、庭・池ともに素晴らしい。この日のためにかよく整備されている。また、会場内いたるところに行き届いた草花がさりげなく飾ってあるのが何とも心が癒される。
お茶席もあり、販売コーナーでは山野草を買い求める人々でこちらもにぎわっていた。

新川健午氏宅会場
DSCN2869.jpg-1.jpg

DSCN2881.jpg-2.jpg

DSCN2883.jpg-3.jpg

DSCN2870.jpg-2.jpg

DSCN2875.jpg-5.jpg

DSCN2879.jpg-9.jpg

DSCN2880.jpg-6.jpg

DSCN2878.jpg-4.jpg

人形展
DSCN2884.jpg-11.jpg

DSCN2886.jpg-12.jpg

DSCN2887.jpg-13.jpg

DSCN2888.jpg-14.jpg



"クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

坂本ケーブルと延暦寺


長さも眺めも日本一。最長2025m。琵琶湖を眺望しながらの坂本ケーブルで世界文化遺産延暦寺についた。天台宗総本山。根本中堂の内陣は撮影禁止。おまけに期待の法話は周囲の雑音にかき消されて聞き取れない。史実によると本尊は最澄が一刀三礼して刻んだ薬師瑠璃光如来と伝えられており(秘仏)、その宝前に灯明をかかげて以来最澄のともした灯火は1200年間一度も消えることなく輝き続けているので、不滅の法灯と呼ばれる(焼き討ち後の再建時には立石寺から分灯を受けた)。内陣の本尊・不滅の法灯と中陣の参詣者の高さが同じという珍しい構造になっており、これを天台造又は中堂造と呼ばれ、天台仏堂の特色を示している。中陣の天井は「百花の図」といわれ、二百に及ぶ草花が極彩色で描かれている。柱は76本あり、諸国の大名が寄進したことから「大名柱」と呼ばれる。中陣中央には玉座があり、その上に昭和天皇宸筆の「伝教」と書かれた額が掲げてある。1953年(昭和28年)3月31日に国宝に指定された。延暦寺は鎌倉時代法然、栄西、親鸞、道元、日蓮などの祖師がここで修行された。いつの日か、東塔,西塔、横川エリアをゆっくり巡拝したい。

坂本ケーブル
DSCN2767.jpg-1.jpg

比叡山延暦寺
DSCN2770.jpg-2.jpg

根本中堂
DSCN2771.jpg-3.jpg

満拝堂
DSCN2772.jpg-4.jpg

大講堂
DSCN2775.jpg-6.jpg

鐘楼
DSCN2776.jpg-7.jpg


下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 05:19| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

読売旅行


「琵琶湖横断・秘湯クルーズと雄琴温泉絶景の御宿」に参加した。初日昼食はオプションである。オプションの場合いつも地の名物を求めるのを楽しみにしている。今回は「京都加悦の焼き鯖すし」にした。丹後の与謝町産の御飯が焼き鯖とよくマッチしていて美味。京都に入った。「井筒八ツ橋本舗」でのショッピングで旅がはじまる。生八橋「夕子」がヒット商品。『夕子』は、小説「五番町夕霧楼」の主人公、片桐夕子に因んだ叙情銘菓。小説は、京都の代表的観光地である金閣寺で起こった火災を題材に、夕子と僧侶正順との純粋な愛といつくしみ、そして山村の原風景が美しく描かれている。その著者である水上勉先生ご本人の許諾を得て、主人公の名前「夕子」を商品名にして昭和47年より発売されているとか。
2階は生八ツ橋の製造風景が見学できる

焼き鯖すし
DSCN2759.jpg-1.jpg

-5.jpg

生八橋「夕子」
夕子.jpg

生八ツ橋の製造過程
DSCN2763.jpg-2.jpg

売店
DSCN2764.jpg-3.jpg

井筒八ツ橋本舗
DSCN2766.jpg-4.jpg

"クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

宇田博士の健康ふりかけ

過日、日本の発明王宇田博士の「健康ふりかけ」についてブログした。物珍しさもあって早速注文したらこのほど届いた。海のミネラルを多く含んだふりかけ。一日1袋から5袋をめどに食べるとよいという。
自然素材で作ってあるので一般的な食品添加物・化学調味料は一切使用していないという。
御飯のふりかけに、お茶漬けに、トッピングに、お料理の材料に、御汁にその使用範囲は広い。
温かいご飯にふりかけて食べてみた。海の香りがたまらない。今日はカレーに入れてみた。イリコだし風味。これもまたよし。体質改善に当分続けてみよう。先生のお話によるとアトピー、喘息、花粉症には特におすすめ。10袋50円、30袋1200円、100袋3300円。
潟^ナカ http://www.b-model.net/tanaka/
宇田博士の体にやさしい食品
健康ふりかけ

DSCN2726.jpg-1.jpg

下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

皇室の真実


最近、憲法改正の中で、天皇の象徴とか元首とか議論が、また、皇位継承問題についても再燃しており、最近では雅子様のオランダ訪問でにぎわった。皇室は戦後60年「国民とともにある皇室」「開かれた皇室」目指して歩み続けられている。でも、どれほど皇室について知っているかは少なからず疑問。調べて、私のわかったことはこんなこと。
●多数の国々や諸民族を支配する国王よりも上位とされる「皇帝」を現在名乗ることのできるのは世界で日本の 天皇のみ。
●現在の天皇は神武天皇から125代にあたる。
●現在の皇室の継承順位は@皇太子A秋篠宮B悠仁親王C常陸宮D三笠宮E桂宮となっており、悠仁親王に次ぐ 男系継承者が見当たらない。
●皇室典範で天皇を男系としている。女性・女系天皇に反論が多い。
●これまで8人の女帝がいたが、一時の中継ぎとして独身の皇女が即位したに過ぎない。
●女性宮家の設立が検討されている。
●戦後GHQの指令で皇籍を離脱された11宮家の皇族復帰を期待する向きも。
調べれば調べるほど、特異な存在であることが古来からの儀式によってかいまみることができる。現在の皇室の人には国政に参加する選挙権はない。職業選択の自由がない。居住・移転・外国移住及び国籍離脱の自由もない。我々が想像するほど自由ではないようだ。

DSCN2756.jpg-58.jpg



じゃあまた 下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

男の料理教室から

今月の男の料理教室のメニューは、蕨のピーナッツ和え、豆腐の味噌煮、新じゃがいもと豚肉の南蛮煮、そしてまめごはん、デザートにパイナップルケーキである。 素材の蕨の雌雄について、黒みがかった方がメスでありぬるぬる感があり食べやすい。話は発展してアワビの雌雄にまでおよび、刺身にはオス、バター焼きはメスが良いとされる。アワビの身の黄緑色はオス、薄いクリーム色はメス。わかりやすいのは肝の色で緑がメス、白がオス。サザエでも同じようだ。そこまで、こだわらなくてもという意見もあるが。

今日の献立
肝心の「蕨のピーナッツ和え」が入っていない。お粗末。

DSCN2753.jpg-3.jpg

蕨の雌雄
蕨に椿の葉を4〜5枚入れて熱湯をかけて冷ます。
DSCN2749.jpg-1.jpg
黒いほうがメス
DSCN2750.jpg-2.jpg

以下の写真は転載。

アワビの肝の緑がメス
f0208737_8374140.jpg

アワビの刺身
bec447bbd0b6e868b784b8f89a84b77532589535.78.2.3.2.jpg-2.jpg

アワビノバター焼き
e2df5dcfad9b79f38ed36cb100ed7488.jpg

じゃあまた 下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 


posted by せいちゃん at 10:56| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

第7回オレンジフェスタ


潟}ルコシの「第7回オレンジフェスタ」が昨日行われた。早めにと思って到着した10時半にはすでに駐車場が満杯。開会の10時前には通路に行列ができたとの木原相談役のお話。今回もリフォームに工夫を凝らした演出が参考になる。熱心に説明される係員の応接が忙しい。そして、行き届いた心遣いが随所にちりばめられている。
山野社員奮闘。
DSCN2729.jpg-5.jpg

洗練された和室空間
DSCN2730.jpg-10.jpg

お迎えの飾り物
DSCN2731.jpg-9.jpg

秋田杉の下駄箱買いませんか
DSCN2733.jpg-8.jpg

コーヒータイム
ひまわりの生け花が目を引く。
イタリアからこの日のために取り寄せたキテイスミス(米国) デザインのコーヒーカップでもてなされる。
DSCN2737.jpg-2.jpg

癒しの空間に明るい談笑が響く。
DSCN2739.jpg-3.jpg

道端に珍しい蔓の短い胡瓜が皆さんをお迎え
DSCN2744.jpg-1.jpg

木工コーナーは人が絶えない。
DSCN2740.jpg-6.jpg

花の寄せ植え教室 椋田講師汗だく
DSCN2742.jpg-7.jpg

お持ち帰りコーナーに笑顔の人出
DSCN2745.jpg-11.jpg

人気の筍御飯に行列・社長も待ち時間を利用してのPRに奮闘。
DSCN2747.jpg-3.jpg

〜下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 




posted by せいちゃん at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

、「母さん助けて詐欺」

警視庁は4月10日より「振り込め詐欺」にかわる新名称をTwitterおよび郵送で募集していましたが、5月12日、「母さん助けて詐欺」を最優秀作品に選んだと発表しました。他に優秀作に選ばれた「ニセ電話詐欺」「親心利用詐欺」の2作品とともに防犯キャンペーンなどで使い、被害防止を図るという事です。今回の募集の経緯は、振り込め詐欺の約7割が現金を手渡しでだまし取る手口となっており「振り込め詐欺」という名称が犯罪の実態を的確に表現できていないのだという事からだそうです。それにしても、手口が年々巧妙になっており、あれほどPRしても犯罪が減らないのはいったいどうしたことでしょう。
人口1000人あたりの振り込め詐欺の認知件数の都道府県別順位、上位・下位それぞれ
1 東京都 0.31070件
2 埼玉県 0.22075件
3 岡山県 0.20485件
4 三重県 0.20415件
5 神奈川県 0.20215件
8 広島県 0.19230件
47 鹿児島県 0.04955件
鹿児島県で0.049550件は東京の6分の1以下、鹿児島弁が難しいのが理由?ではないかと見られています。広島弁は真似しやすいのか。

furikome3.jpg

下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

デーツ「お好み焼き第2弾」

お好み焼きの味の決め手はなんといっても果実「デーツ」にある。さっぱりとした甘味、栄養価の高さでは宇宙食にも採用されている。「デーツ」は砂漠のオアシスに自生する果実。1本の木から20〜100kgも取れるという。旧約聖書には「エデンの国の果実」として登場する。
説明するガイド
DSCN2718.jpg-1.jpg

ドライフルーツとして1袋800円
DSCN2727.jpg-2.jpg

ドライフルーツの「デーツ」
DSCN2728.jpg-4.jpg
posted by せいちゃん at 14:19| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

どう思う


先日書店に行ったら、店頭に世界一のベストセラーとして、「スタンフォードの自分を変える教室」ケリー・マクゴニガル著、神崎朗子訳、(大和書房)が陳列されていた。よく見ると、帯の「話題沸騰30万部、40万部、50万部」が混在している。初版からたった半年で14版がでるというもの。珍しい。精神論より実践的な内容は興味をそそります。早速読んでみよう。だがいざ買い求めるとしたら帯の30万部の古いのはいつ売れるのだろう。
DSCN2666.jpg-2.jpg

DSCN2655.jpg-1.jpg



じゃあまた 下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

お好み焼き


潟}ルコシの生涯学習講座プラスワンステージでは毎週第4水曜日に半田講座がある。現在「広島学」について学んでいる。昨日は初めて課外講座として、広島を代表する潟Iタフクを訪れ、オタフクソースの工場見学と「お好み焼き」を体験した。早くから予約しないと体験コースは取れない。2月に予約されたそうである。それも15名限定。工場見学はあいにくお休みの時間帯でビデオ案内。配送工程の自動化されている模様も見学。特別に調理研究室に案内された。研究員の方が材料の分量、調合の具合、温度の管理など細かくデータ化している様子がうかがえた。最近海外にも輸出している。アメリカ、中国、台湾、韓国など。国によって地方によって味は異なる。未開の分野だ。「お好み焼き」は原爆投下の焼け野原からの復興とともに多くの人に食べられるようになった。20cm厚さの鉄板に火の通りの良い230度のところと少し離れた180度の鉄板のところをうまく利用して焼き上げるのガコツ。巧みな説明で一つ一つ教えられるままに仕上げていく。最後にいろんな種類のお好みソースを自分の好みにあわせ、かけてできあがり。皆さんの食べるその笑顔が素晴らしい。後は、「おこのミュージアム」で広島お好み焼きの歴史と文化を学んだ。そして関連商品のショッピングと充実したひと時を過ごした。本社工場は別の建物だが、木でつくられた卵形のこの建物をWOODEGG館と呼びお好み焼きに関するすべての案内がまとめてある。6月6日は、Wood Egg開館記念日。今年5周年を迎える。面白い話として、2006年(平成18年)1月より社内資格として「お好み焼士」マイスター制度を導入されている。「お好み焼士」は、初級にあたるインストラクター、中級にあたるコーディネーター、上級にあたるマイスターの三段階に分けられており、入社2年以上の全社員に受験資格が与えられ、年一回の筆記試験と実技試験によって選考されるそうだ。

WOODEGG館の入り口
DSCN2671.jpg-1.jpg

木でつくられた卵型のWOODEGG館
DSCN2677.jpg-2.jpg

研究開発室
DSCN2681.jpg-4.jpg

さあ!! 好み焼
DSCN2689.jpg-5.jpg

食べた後はごしごし磨く
DSCN2707.jpg-7.jpg

オコノミソースは野菜や果物が主要成分です
DSCN2716.jpg-8.jpg

本日の御土産品
オタフクソースはでき上がりのアツアツもの。
帰りには全員の写真がパンフに。
DSCN2724.jpg-9.jpg

参加の皆さん
DSCN2685.jpg-3.jpg



   〜下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 





posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

ゆかた


浴衣の季節になってきた。この頃、夏祭り、花火などなどで若者フアッションとして

人気があるのだろう。呉服店の前に、広島近郊の花火大会の広告が出されていた。

今年のトレンドはネオンカラー。和服を着る機会の少ない昨今。今がかきいれ時。

DSCN2654.jpg-1.jpg

じゃあまた 下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

せせらぎ体操


佐東公民館の「せせらぎ体操」は人気の講座である。青江講師のわかりやすい説明と人柄が人気の秘密であろう。今日は世界一長寿の木村次郎右衛門さん116歳の長寿の秘密についての一コマ。とりわけ、大相撲を見るのが楽しみまではわかるのだが、「国会中継」は必ず見るという。世の中の動きがよくわかるとは。 いやはや驚き。!!
青江講師のお話
DSCN2663.jpg-1.jpg

木村次郎右衛門さん
284c8d7d.jpg-1.jpg



じゃあまた 下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

発明王 宇田博士の講演


夢現大学の今月の特別講座は発明王!宇田博士の「病気になりたくてもなれない話!?」副題は「125歳まで生きる!自然がわかれば健康がわかる」とある。会場の都合で人数は限定されているが満席。発明王の発想はどんなところにあるのか興味津々。今回のテーマは講師の話される中でも一番人気のテーマと紹介された。お話の骨格は自然は絶妙のバランス、ここにヒントを得れば、研究開発やビジネスでもっと創造性が発揮できるというもの。発明品「宇田博士の体にやさしいふりかけ」は肌がみるみるきれいになる「目からうろこの塩まき農法」はおいしいお米ができる。生産している農家はたまらない増収。 など画期的なもの、その秘密を惜しげもなくお話しされる。また、博士はいまも病院・薬には無縁だという。125歳まで生きられる健康法の極意は宇宙の法則に合致することが大切と。
@水分をたっぷり(1/2)、カッコ内数字は.病気になる確率が1/2になるという。A元気もりもりミネラル食品(1/5)、B冷たいものを食べない・飲まない(1/4),C快便を心がける(1/2),D食べ過ぎは風邪の元(1/3)、E怒ると疲れる(以下ほどほどに)F喜んだら元気にGセックスは麻痺H発酵食品を食べようI風邪は万病の元。全部実行すれば病気は1/480に減るという。スイカも冷やさず食べる。ビールは常温で飲むなど驚き発言。とにかく有益で、面白かった。
会場
DSCN2668.jpg-1.jpg
宇田講師
DSCN2669.jpg-2.jpg


   〜下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

一福


時にそばを食べたくなったら緑井天満屋内の「一福」によく行く。
それは本場出雲のそばに出会えるからである。案内によると島根県頓原の清らかな水と、厳選した昆布と極上醤油を絶妙なバランスで配合し、熟練の経験と勘で、最高の味に仕上がるまで長時間コトコトと煮詰めて造り上げているという。芳醇なコクとまろやかさがたまらない。木曜日というのに昼は満席である。日曜・祝日となると必ず待たされる。それにしても、お年寄りが多い。品数はそれほど多くないが、今日は「ミニ天ざるセット」にした。舞茸の天ぷらがおすすめである。

ミニ天ざるセット
DSCN2648.JPG


下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

ミシュラン広島2013

昨日発売である。家内が「ミシュランが発売よ」と誘った。「そうあわてんでも!!」と返答した矢先、畏友の半田さんから買い求めたとのメールが入った。その旨話したら「それごらん!!」と家内の一言。早速フタバメガ店に出かけた。正面と中ほどに堂々と展示してある。レストラン278軒、宿泊施設84軒。三ツ星は「日本料理なかしま」のみ。二つ星は5店、ビブグルマンというのは知らなかった。3500円以下で、コースや単品料理でコストパフォーマンスの高いお勧めのレストランを指すのだそうだ。あちらこちら食べ歩いてはいるが何軒該当があるか興味がてらに調べてみよう。

DSCN2667.jpg-1.jpg


下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

じゃあまた 
posted by せいちゃん at 17:26| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

さとう大学開講


佐東公民館の「平成25年度さとう大学」開校式が昨日行われた。人気の大学であり今回も定員をはるかに越える応募があり、会場の都合で78名の参加となった。さとう大学のキャッチフレーズは「話す日・出会う日・出かける日」。記念講演は「いのち 絆 幸せ」と題して、安佐町飯室 養専寺住職 森重一成氏。長らく中国新聞文化センターの講師もつとめておられる。
今年は蛇年から学ぶとして次のことを述べられた。
1 後退しない
2 がむしゃらに前にすすまない。時にはどくろをまいて様子をみる。
3 脱皮する 
人間は死ぬまで、脱皮しながら成長を続ける。人に役立つ自分であることが生きがいにつながると。
楽しく生きるコツは
@好き・嫌いを言わない
A前向きに生きる
Bオシャレをする
C行動力のあること
D好奇心を持つこと
いろんな事例をあげられ、ユーモアたっぷりにお話しされた。
さとう大学
DSCN2660.jpg-1.jpg

養専寺住職 森重一成氏
DSCN2659.jpg-2.jpg

下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

水曜日は安い


フシ゛緑井店内に「Panette Bakery」というパン屋がある。ここの「パレッツステック」がお気に入りで毎朝たべている。通常は160円であるが水曜日はなんと105円になるので通常まとめ買いする。昨日買いに行くと残り少ない。折角の品なのに残りものの中から選ぶみたいな感じがした。レジで支払いをしていると丁度焼き立てが運ばれてきた。レジ係りが「出来たてと替えましょうね」とさっそく交換してくれた。なんでもないことだが心遣いがうれしい。ここのパン屋が好きになった。丁寧にお礼を言うと「このパン大人気なんですよ。よかったですね」と笑顔で応対してくれた。気持ちがホッと・・・・・
DSCN2653.JPG

DSCN2652.jpg-2.jpg

DSCN2651.jpg-1.jpg

下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 



posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

いやはや満席?

近くに「すし辰」本店がある。祝祭日は2時間待ちになることも珍しくない人気店である。「母の日」、早めに電話で待ち時間を聞いた。「今なら45分、まあ1時間ですかね」とのこと。電話予約ができないので予約取りに出かけた。結果として1時間を軽く過ぎた。それにしても、回転すし店が消えていく昨今ここは繁盛している。当日、母に鮨1貫のプレゼントがあった。 この日の鮨ネタは今までにない美味。うまかった。自分だけかと思ったら一同同じ感想だった。

DSCN2645.JPG

DSCN2643.JPG

下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

「塵手水(ちりちょうず)」

大相撲夏場所が12日に東京・両国国技館で初日を迎えた。東正位の横綱白鵬は朝青龍に並んで史上3位となる25度目の優勝が懸かる。
ところで、取り組みに際し蹲踞(そんきょ)の姿勢で拍手を打ち、両手を広げた後、掌をかえす所作を「手水(ちょうず)を切る」、「塵(ちり)を切る」、正しくは「塵手水(ちりちょうず)」といい大相撲の作法のひとつ。力士が手を清めるためだそうだ。昔、原っぱで相撲を取っていて手を清める水がないとき、塵や雑草をひねって手を洗う代わりとしたことに由来する。また、取組前、互いに手に何も隠し持っていないことを確認しあう意味も込められている。やがて興行としての勧進相撲が成立するにしたがって、作法として現在のような形に定まった。

2012nagoyabasho (137)1.jpg-555.jpg

下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

母の日プレゼント 2弾

一昨日娘から届いたプレゼントは、アジサイ。「母の日」当日はレインボーカーネーションと堂島ロールケーキのプレゼント。心遣いがうれしい。
レインボーカーネーションはレインボーローズから派生してできたと思われるが、今ネットで調べてみるとレインボーカーネーションのセット物はすでに売り切れましたとあった。人気の商品なのだろう。
母の日のカーネーションは、アメリカに住むアンナ・ジャービスという少女の母親が亡くなったのは、1905年5月9日のこと。その3年後の1908年5月10日、アンナ・ジャービスはフィラデルフィアの教会で、亡き母を追悼するために白いカーネーションを祭壇に飾り、出席者にも配った。白いカーネーションは、彼女の母が好きな花だった。この出来事をきっかけに1914年、5月の第2日曜日が母の日に制定された。当初は母親が健在な人は赤いカーネーションを、母親が故人である人は白いカーネーションを自分の胸に飾っていた。それが、やがて母親本人にカーネーションを贈る習慣へと変化していった。元々カーネーションは、十字架に架けられたキリストに聖母マリアが落とした涙から咲いた花だといわれている。そして白いカーネーションは十字架にかけられる前のキリストとマリアを表し、赤いカーネーションはキリストの体から散った血の色と言われている。日本に母の日の習慣が伝わった当初は、赤と白のカーネーションを区別して贈っていた。しかし、母がいる子といない子とで区別することにも配慮すべきとの声もあり、赤いカーネーションを贈る習慣が一般化した。また近年は、多彩な色のカーネーションが増えていることもあり、赤いカーネーションにこだわらなくても良い習慣が定着してきた。

レインボーカーネーション
DSCN2642.jpg

堂島ロールケーキ
DSCN2647.jpg-2.jpg

下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 



posted by せいちゃん at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

母の日プレゼント


豪華なピンクの色鮮やかな八重のアジサイである。娘が持ってきた。母の日プレゼントである。毎年何にしようかと悩むそうだ。「ポージィブーケ エビータ」という新品種。商品に品種登録番号・育成者の名前まで印刷してあるのがにくい。調べてみたら、この品種は、平成5年に育成者の温室(群馬県勢多郡黒保根村)において、「城ヶ崎」由来の育成系統どうしを交配し、その実生の中から選抜、以後、増殖を行いながら特性の調査を継続し、10年にその特性が安定していることを確認して育成を完了したとある。なお、出願時の名称は「ポージィブーケ マリエ」であった。半日陰で長持ちする品種。許可なく増殖・販売はできないそうだ。
DSCN2593.jpg-1.jpg

DSCN2635.jpg-1.jpg


下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

じゃあまた 下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

KINGJIMマウス型スキャナ


2か月前のテレビの売れ筋人気ランキング番組でIT関連事務用品でトップだったのが「KINGJIMマウス型スキャナ」。マウスで図形・写真等をなぞるだけで簡単にパソコンに取り込めるという優れもの。早速アマゾンで検索したら値段にばらつきがあり、一番安い7950円のところに注文した。ところが、なんと生産が追いつかないのですぐにお届けできない、御急ぎの方は他店で購入してくださいとのメール。3回ぐらいそんなメールが入った。取りたてて急ぐ用もないので待つことにした。ようやく2カ月たって送ってきた。早速、使用してみたがなるほど便利が良い。今まで手数をかけて取り入れていたがこれからは随分と楽になる。お勧めの商品であることに間違いない。

DSCN2597.jpg-1.jpg


下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

赤むつ(のどくろ)


生鮮市場では最近魚屋がオープンし、新鮮な魚が豊富に入るようになった。今日のおすすめの品は「紅瞳の赤むつ(のどくろ)」。日本海の赤い宝石。幻の高級魚といわれている。そんな魚が奉仕品とは・・・・。赤むつでも“紅瞳”は長崎県のブランド品であると店主が出てきて効能を述べた。北陸では「白身のトロ」と言われるようにとても脂分が多く、刺身でもとろけるような舌触りを感じることができる。この「ムツ」という名前も、その脂っぽさを表現する『むつっこい』『むつい』という言葉からつけられたという。私は山陰にいたせいか、「のどくろ」の呼び方がなじみだ。口の中が黒いことから「のどくろ」と名ずけられたと聞いている。
煮物にして食べが、白身にしてほんとに脂がのっており、美味しく贅沢感を味わつた。
DSCN2596.jpg-1.jpg

下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

ひろしま菓子博2013


連休明けならいいだろうとは誰もが思うのだろう。予想に反して、会場内はごった返していた。好天に恵まれたからかもしれない。「お菓子のテーマ館」「お菓子美術館」のシンボルゾーンは60分待ちであった。ここは撮影禁止。工芸菓子の作品は京都府ゾーンが圧巻、お菓子屋さんでは両口是清さんがずば抜けている。メインの厳島神社は急遽雪化粧した姿に変わった。6日の夜に7人の和洋菓子の職人が手を加えたという。製作に携わった案内の方にお聞きすると、湿気のある方が作りやすい。だが反面カビが出やすいとも言われる。作品は簡単に言うと御餅を加工したもの。色彩は赤、青、黄色の三原色でどんなものでもそめられる。1年もたたないうちに作品によってはカビ・ひび割れが生じるが10年間は展示に耐えうると説明された。途中休憩がてら裏千家のお抹茶席に立ち寄った。会場の最前列に案内された偶然が、実演の御点前のお抹茶をいただく幸運にめぐり合わせた。そのほかは大道芸で楽しんだ。出会いと交流ゾーンは90分待ちなのでパスした。
ひろしま菓子博2013
DSCN2600.jpg-1.jpg

広島県の出品
DSCN2604.jpg-2.jpg

「厳島神社」中国新聞より転載
DSCN2633.jpg-11.jpg

裏千家の御点前
DSCN2608.jpg-3.jpg

菓子博のキャラクター

DSCN2621.jpg-7.jpg

大道芸
DSCN2619.jpg-6.jpg

DSCN2631.jpg-8.jpg


下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

「子どもに迷惑かけたくなければ相続の準備は自分でしなさい」


「子どもに迷惑かけたくなければ相続の準備は自分でしなさい」は、先月発刊されたばかりだが人気を呼んでいる。
27年1月1日から相続税が改正になる。課税対象が年間5万人ぐらいだったのに7万人ぐらいが対象となるそうだ。これまで相続に縁のなかった方も対象になるかも。「遺産をどのようにわけるか」という遺産分割を巡って争った件数が裁判所の司法統計によると平成元年8430件が平成22年には年間1万3597件と大幅に増加している。お金持ちの話と思っていたら、なんと相続財産が5000万円以下の案件が75%を占めているとは驚きだ。正しい遺言書を書いていなければ法律的に無効でトラブルとなる。また、国税庁のデータによると「相続財産に占める不動産の割合は52%」と財産の半分以上をしめている。相続する財産が住んでいる家が対象では困ってしまう。代償分割と言って、家にかかわる相当の対価を現金で支払うのだが、これも一時に大金というわけにいかないから分割払いか。
このところ家内が早く遺言書を書くことをすすめる。書いておけば長生きできるそうだ。
DSCN2594.jpg-1.jpg

下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

7の不思議


今日は5月7日なので、7について調べてみました。
西洋では旧約聖書の創世記に神が6日間で天地を創造し、7日目を安息日として聖なる日と定めました。東洋でも古代中国の時代から農作業の時期を計るための天文学が発達し、北極星と北斗七星を季節を知る指標としていました。月の運行は7日ごとに様相を変えていきます。細い三日月が七日たつと半月形の上弦の月となり、また、七日たつと真っ暗な新月となります。古代の人々はこの月の変化を時としてとらえる尺度として暦の基準となりました。7は特別な数字です。お七夜、初七日、七賢人、七福神、南都七大寺、七堂伽藍等個性ある数詞として、よく使われています。

image (1).jpg-5.jpg


下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

じゃあまた 下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね

posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

NHK朝ドラ『あまちゃん』

話題になっているNHK連続テレビ小説『あまちゃん』。能年玲奈(19才)が、海女を目指すヒロインの高校2年生・天野アキを好演している。 この『あまちゃん』のロケを行っている岩手県久慈市では、最盛期には100〜150名もの女性が海女として活躍していたが、現在は15〜20名。40〜50代が中心、中には女子高生も数名いるが、後継者がなかなか育たないというのが実情。ところで、ドラマの舞台である岩手県・北三陸地方の漁村で驚きを表す感嘆詞として紹介されている「じぇじぇじぇ」という方言。現地では、「じゃじゃじゃ」ならよく言う言葉だけれど「じぇじぇじぇ」と言うのは聞いたことがないというのがもっぱらな話題。物語の舞台の北三陸市や漁村の袖ヶ浜は「架空の町」であることから、「じぇじぇじぇ!」も造語なのか、でも、ひょっとするとはやるかも?
info0329.jpg-1.jpg

下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

2013ひろしまフラワーフェスティバル


今年のFFは「菓子博」の影響もあってか初日79万8000人と過去最高の人出。2日目は目立ったイベントもないが出かけてみた。やはり、大勢の人出。それでも、あちこちでイベントが行われていた。

原爆ドームの対岸でのコンサート
DSCN2567.jpg-1.jpg

フラダンス
DSCN2573.jpg-4.jpg

ここは雁木タクシー乗り場
一人500円で寺町までの10分の往復
DSCN2568.jpg-2.jpg


平素見かけない遊覧船
DSCN2569.jpg-3.jpg

DSCN2570.jpg-4.jpg
シンボル
DSCN2583.jpg-10.jpg

平和の祈り
DSCN2578.jpg-6.jpg

DSCN2580.jpg-7.jpg

DSCF0291.jpg-5.jpg


民族舞踊団の一幕
DSCF0294.jpg-9.jpg

ちびっこの太鼓演奏
DSCF0297.jpg-11.jpg

為末選手の陸上指導
DSCF0296.jpg-11.jpg

姉妹都市韓国大邱市からの寄贈の大太鼓
DSCN2581.jpg-8.jpg



下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

鯉のぼり


竜門(黄河の急流)では、下流からいろいろな魚が群れをなして登ってくるが、鯉だけが滝を登り切って龍になるという古事により、栄達の糸口となる関門を「登竜門」といい、「鯉の滝登り」は立身出世のシンボルとされてきた。端午の節句に建てられるようになったのは江戸時代の中頃から、中華料理で最後に鯉の丸揚げを出すのも食客の栄達を祈る意味が込められており、日本でも庖丁式に用いられるのは鯉である。なお、吹き流しの五色は邪気を払う霊力があると信じられている。鯉をとって食べようとする竜はこのため近づくことができなず鯉は五色の吹き流しに守られて悠然と泳いでいるのである。

images.jpg-889.jpg

下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

じゃあまた 下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

「端午の節句」は実は女性のお祭りだった。


今は、男の子の祭りとされているが、この行事のもともとは女性が小屋にこもって田の神をまつるものであった。旧暦の5月は、今の6月の梅雨入りの時期である。その時の雨の量によって稲の収穫が決まる重要な時である。そこで、女性が仮小屋や神社の拝殿にこもって水が豊富に得られるように祈ったのである。女性が農耕神をまつる風習は弥生時代の稲作の広まりとともにつくられた。邪馬台国の卑弥呼はそのような役目を務めたのである。近年まで農村では村の女性が小屋に集まって一晩遊ぶ行事が残っている。そこには、菖蒲やよもぎが魔よけに飾られた。やがて宮廷で中国の端午の行事と融合し、魔よけの菖蒲は、「勝負」や「尚武」に通じるとして、武家では5月5日に家臣を集めて馬術・弓術などの競技を行うようになり、御飾りの藁人形は変遷して今日のような豪華な武者人形ができたという。

269455eb53bd7004897b5206c9f964ce.jpg-9.jpg

240px-Koinobori4797.jpg-1.jpg

下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

じゃあまた 下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
posted by せいちゃん at 21:00| Comment(0) | 予約投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

「こどもの日」はなせ゛ひらがなで書くの?


国民の祝日に関する法律(最終改正 平成17年5月20日法律第43号・平成19年1月1日施行)の第2条に、「こどもの日 5月5日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。」と定められています。子供は、7歳までは神様の預かりものとされていたので、神仏への「お供え物」などの「そなえ」「供する」という意味の常用漢字の「供」を使用し、「子供」と表記されていました。 しかし、一部の団体から「供」という漢字は「大人の手下」という感じがするという声が上がったためひらがな表記にしたそうです。また一説によれば、こどもにも読めるようにひらがなにしたともいわれています。
5月5日は、端午の節句といって男の子の健全な成長を祝う日でした。当初は、桃の節句3月3日や、学年が始まる4月1日という案が出ていましたが、3月3日では北海道などではまだ寒すぎる、4月1日はエイプリルフールと重なってしまうと言う理由で却下されたようです。

DSCN2552.JPG



下の "クリサポ" 応援ぽち を ぽちっ とね
HAPPYチャンスで、3000円が当たるかも 

posted by せいちゃん at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。